学校法人 松徳学園 みころも学園は「認可保育園 みころん保育園」「認定こども園 みころも幼稚園」の両施設を運営しております。

学校法人 松徳学園について

みころもの教育目標 ねがい

  • 自由でのびやかな心を育てる

    でたらめに思いつきで行動する子は、あっちで頭をぶつけ、こっちで転び・・・、自由でもなければのびのびもしていません。本当に自由でのびのびしている子は、約束やルールを守ることを知っています。素直に自分を表現できる子です。いきいきと遊ぶ中で、お互いの個性が磨かれます。
    自由でのびやかな心を育てる
  • 明るく穏やかな思いを育てる

    子ども達の持つ明るさは、周りにも明るさをふりまきます。みんなで歌う楽しさ、みんなで何かをやり遂げた喜び、仲間に支えられ一緒に工夫する素晴らしさを経験する中で、時にはケンカし、仲直りをして相手の気持ちも理解できるようになります。
    明るく穏やかな思いを育てる
  • 元気で”すこやかな”体を育てる

    健康なからだ、それにともなう安定した情緒の発達が、豊かな子どもたちの人生を約束します。明るくおおらかな人は誰にも信頼され、リーダーとなれる人です。一人ひとりの子どもたちがたくさんの遊びの中から手に入れるものを、私たちは常に暖かい目で見守っています。
    元気ですこやかな体を育てる

教育・保育方針

1 集団生活を通して、自立心、協調性、道徳性、規範意識を身に付けてもらい、子ども達一人ひとりが自分自身で生きていける為に必要な能力の発達の為の土台作りとしての教育・保育の実践を行っていく。
2 自然や生命との関わりを通して、明るく元気でのびやかな心とすこやかな体を育て又、子ども達一人ひとりが好奇心を持ち、自分で考え、表現できるようにそれぞれの個性や能力を引き出す為に積極的に働きかけを行う。
3 子ども一人ひとりの発育・発達の個人差を考慮しながら、しっかりと個人の気持ちを受け止め、子供に対して常に愛情をそそぎ、生きる力と喜びと困難に立ち向かう心を育てる。
4 子ども達が健康で安全な生活を送る為に家庭や地域社会との密接な連携を大切にし、ときには保護者への助言も含め、大きな目で子ども達を見守っていく。
5 子ども達が安全で健やかに過ごせる為の環境作りを日々実践する。

教職員像

子どもを中心に考え行動できる。
子ども達の成長を実感し共に遊び、喜ぶことができる。
子どもの良い点をみつけ、子どもの自己肯定感が育つ為の支援ができる。
感情的にならずに子どもに寄りそう保育ができる。
自ら学ぶ姿勢をもち専門性を高める努力ができる。
周りの職員との協調性を持ち思いやりをもって関われる。
保護者の思いや気持ちをくみ取ることができる。

安全対策

ろもちゃんキッズ

ろもちゃんキッズ

ろもちゃんキッズ

近年、凶悪犯罪の多発により、幼稚園・保育園の安全対策についてご質問を受けることが多くなりました。
当園ではいくつかの安全対策をとっておりますのでご紹介いたします。

1 不審者の侵入に備え、門扉及びフェンスは防犯に配慮した作りになっております。
2 園舎、園庭の見晴らしをよくし、死角になる場所を極力少なくしています。
3 防犯カメラ(18台)を設置すると共に、男性職員による登降時の見守りと園内の巡回を行なっております。
4 「学校110番 非常通報機」の設置。(警察へ直接つながります。)
5 各保育室にはインターホンを設置、また担任は防犯ブザーを携帯しております。
6 「危機管理マニュアル」に基づき、日頃から全教職員の危機管理の意識づけを行なっております。
7 教職員が東京消防庁の講習を受け、救命技能士の資格を取得しています。
8 想定される緊急事態に備え「お・か・し・も」 (おさない・かけない・しゃべらない・もどらない)を合言葉に、毎月避難訓練を実施しております。

沿革

昭和42年 ( 1967 ) 公認みころも幼稚園 開園
昭和55年 ( 1980 ) 園舎全面改装
平成 4年 ( 1992 ) 学校法人 松徳学園 を設立。学校法人として認可
平成18年 ( 2006 ) みころんチルダールーム 開設(託児施設)
平成19年 ( 2007 ) 八王子市初の認定こども園 開園
平成20年 ( 2008 ) (学校法人立)みころん保育園 開園
平成24年 ( 2012 ) みころん保育園。現住所へ移転
平成27年 ( 2015 ) 認可保育所として認可
平成28年 ( 2016 ) みころん保育園 分園 開園