代表ご挨拶・沿革

代表ご挨拶

MESSAGE FROM THE PRESIDENT

代表写真
  • 開園のきっかけ

    昭和42年、初代園長が自宅の向かい側に広がる畑の持ち主だった初代理事長と共にスタートしたのがみころも幼稚園でした。
    その後、平成4年に学校法人松徳学園となり、平成19年に無認可保育園のチルダ―ルームを併設し、認定こども園を設立しました。そして平成24年に初代園長の自宅をマンションに改築する際、1・2階部分を保育園とし、平成27年にチルダールームは新制度としての認可保育園となり、みころん保育園へと移行しました。
    現在ではみころも幼稚園、みころん保育園、みっころ保育園を含む認定こども園を、3代目園長と3代目理事長が運営しており、0歳児から6歳児までの多くの乳幼児らを育んでいます。

  • 子どもたちへの想い

    学校法人松徳学園では、理念として掲げる3つの「ねがい」があります。
    「自由でのびやかな心を育てる」
    「明るく穏やかな思いを育てる」
    「元気で“すこやかな”体を育てる」
    子どもたちには自らの考えで行動して解決する力や、何でも挑戦できる気持ち、そして、ちょっとくらいのケガにはめげず、めいいっぱい体を動かして元気な体に育ってもらいたい「3つの想い」を持って、日々明るく楽しく接しています。

  • 保護者様へのメッセージ

    子どもたちは自らの力で考えて育つものですので、保護者の皆様には温かい目で見守っていただきたいと思います。大人の意見を押し付けたり、親の感情を押し付けたりすることなく、子どもたちに寄り添い、のびのびと応援していただきたく思っています。
    現代の子は良い意味では「自由」ですが、裏を返せば「力強さがない」とも言えます。ですから、幼児のころにたくさん遊び、たくさんのお友達とのふれあいから、自分の力で歩んでいける力を養ってもらいたいと思っています。

学校法人松徳学園の沿革

HISTORY

昭和42年(1967)
公認みころも幼稚園 開園
昭和55年(1980)
園舎全面改装
平成04年(1992)
学校法人 松徳学園 を設立。
学校法人として認可
平成18年(2006)
みころんチルダールーム開設
(託児施設)
平成19年(2007)
八王子市初の認定こども園開園
平成20年(2008)
(学校法人立)みころん保育園開園
平成24年(2012)
みころん保育園。
現住所へ移転
平成27年(2015)
認可保育所として認可
平成28年(2016)
みころん保育園分園開園
みころも学園 外観